経済・政治・国際

2011年2月18日 (金)

民主会派16人離脱の件

 民主党は18日午前の国会対策委員会役員会で、衆院の同党会派からの離脱願を提出した渡辺浩一郎衆院議員ら16人の比例代表選出議員に対し、2011年度予算案や関連法案に反対しないよう、国対幹部が個別に説得する方針を確認した。

 役員会後、斎藤勁国対委員長代理は、岡田幹事長が16人の行動を「パフォーマンス」と批判したことについて、「パフォーマンスというのは一方的な見方ではないか。執行部側に(党内の不満を)受け止める場がなかった」と記者団に述べ、岡田氏らの対応にも問題があったとの認識を示した。

 16人は小沢一郎元代表に近い比例選選出の衆院議員で、菅政権が進める政権公約(マニフェスト)見直しの動きや、小沢元代表への処分の動きなどに反発している。仮に16人が予算関連法案に反対すれば、参院で否決された後、衆院の3分の2を使って再可決するための議席確保は絶望的になるため、政権が行き詰まるとの見方が強まっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00000504-yom-pol

なんとも難しい問題。この16人は比例選出ということで、離党となれば議員辞職で議席を党に戻さなければならないのが本当である。

あんたに言ってるんですよ、与謝野さん。

とは言っても党内に留まったまま会派離脱というのも、「民主党」と書かれた票によって当選したにも関わらず民主党の方針に従わない訳だから、それもそれで問題。

つまり、この人たちが比例選出議員というのがネックな訳ですね。

小選挙区選出だったら、どうぞご自由にと国民も感じる。

まあ岡田幹事長はこれを「パフォーマンスだ」と言っているのですが、国民からすれば小沢切りに東奔西走する執行部のほうがよほどパフォーマンスなんですけどね。

2011年2月 7日 (月)

愛知県知事選・名古屋市長選の民主大敗

 民主党は6日の愛知県知事選、名古屋市長選でともに敗北、菅直人首相にとって大きな痛手となった。4月の統一地方選に向け、首相や岡田克也幹事長の責任を問う声が上がっており、首相の求心力が一段と低下するのは必至。2011年度予算案と関連法案を成立させる展望も開けておらず、政権運営は険しさを増している。
 両選挙とも、県民税、市民税の大幅減税を掲げた候補が民主、自民両党など既成政党の推薦候補を大差で破った。民主党の石井一選対委員長は6日夜、党本部で記者団に「責任を痛感している」と述べる一方で、「台風みたいなものがあった」と指摘。首相の責任論については「そこまで問題が発展するとは思わない」と語った。
 愛知県は、2009年夏の衆院選で15小選挙区全てを同党が制した「民主王国」。にもかかわらず、知事選では自民推薦候補の後塵(こうじん)も拝する結果となり、衝撃は大きい。小沢一郎元代表に近い議員は「結果責任と説明責任は厳しく問われる」と指摘。党内では「このままで統一地方選を迎えられるのか」(若手)との危機感も広がっている。
 民主党は、菅首相の下で大敗した昨年夏の参院選以降、主要な地方選挙で敗北が続いている。「負の連鎖」を断つため、岡田氏は党所属全国会議員に一度は愛知県入りするよう指示。岡田氏自身も1月20日の知事選告示以降、4度にわたって愛知入りするなど総力戦を展開したが、及ばなかった。(時事通信)
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110206-00000078-jij-pol

勘違いもここまで来ると笑えて来る。もはや呆れたものだ。

いつから愛知県は民主王国になったのだろうか?

2005年の郵政選挙のデータを見てみよう。

区数 与計 野計
愛知 15 9 0 0 9 6 0 0 0 6

あれれ?民主王国で自民党が勝っていますね

2009年のマニフェスト選挙で15選挙区すべてを取った結果、たった一度の選挙で民主王国の名を与えられたようです

さて、なぜ15選挙区を全て取れたのでしょう。民主党執行部もよくお分かりのようですね。

「台風みたいなものがあった」

よくお分かりじゃないですか。

そうです。前回の選挙は、マスコミによる台風みたいな追い風があったから勝てたのです。

今回はそれが無くなったので負けました。それだけ。

また、毎度登場する小沢氏に近い議員たちは、馬鹿の一つ覚えみたく執行部批判しかできませんね。自分達の親分が、追い風を消す一因になっていることが分かっていないのでしょうか?

ま、もう小沢問題をダシにして支持率アップを図るのは無理でしょう。政党らしく、政策で勝負しろってこった。まあ、その政策が破綻してるからこういう現状を招いているんだけどね。

2011年2月 5日 (土)

これは酷い内閣健忘副長官

民主党にはマトモな政治家がいないのか?

これだけ矛盾がありながら、「知らない、分からない」。

こんな酷い答弁があるだろうか?

官房副長官を任せるに値しない人間だ。

2011年1月31日 (月)

小沢氏強制起訴

 民主党の小沢一郎元代表は31日夜、自身の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で強制起訴されたことを受けて国会内で記者会見し、「何一つ私自身やましいことはない。これからの裁判において、無実であることはおのずと明らかになる」と述べ、改めて無罪を主張した。

 その上で、「引き続き民主党の国会議員として、誠心誠意取り組んでいく決意だ」と述べ、離党、議員辞職を否定した。

 小沢氏は会見の冒頭で、「国民、同志の皆様にご心配をおかけしていることをまずもっておわび申し上げます」と陳謝した。(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110131-00000908-yom-pol

年が明けてからというもの、「今月中にも強制起訴」という記事を何度見たか。

きっちり1月31日にやってくれました。

>「何一つ私自身やましいことはない。これからの裁判において、無実であることはおのずと明らかになる」

じゃあさっさと国会で説明でも何でもしてくださいよ、小沢先生。

全国民がそう思っておりますよ。

「小沢切り」で支持率アップを目論む民主党執行部は、離党勧告を出す前にやることがあると思うんだが。

2011年1月27日 (木)

開いた口が塞がらない

 菅首相は27日、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本の長期国債の格付けを引き下げたことについて、首相官邸で記者団から質問を受け、「今初めて聞いた。(衆院)本会議から出てきたばかりなので。そういうことに疎いので(コメントは)改めてにさせて下さい」と述べた。

 首相は午後5時半近くまで衆院本会議に出席した後、首相官邸に戻り、福山哲郎官房副長官、加藤公一、寺田学両首相補佐官と10分ほど打ち合わせを行い、午後6時過ぎから取材に応じた。日本国債格下げは午後5時前に発表されていた。

 首相の発言について枝野官房長官は記者会見で、「事故など危機管理上の緊急を要する案件と、しっかり分析して対応する情報は性格が違う」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000875-yom-pol

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

(つд⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚)ポカーン

・・・あれ?この人、つい一年前まで財務大臣やってましたよね?

そんで、今も国債を乱発しようとしているにも関わらず、そういうのには疎いんですか?

聞いて呆れますね。

まあ、経済学部の学生ならば知っていて当然の乗数効果すら知らなかったエセ財務大臣ですから、仕方ないのだろうか。

それにしても・・・ねえ。