« 前原外相辞任 | トップページ | 塔の上のラプンツェル »

2011年3月14日 (月)

東電は発表した計画に対して責任を持つべきだ

 この度の震災で罹災された方々にはお見舞いを、また残念ながら亡くなられた方々には深く哀悼の意を表すると共に、被災地の一日も早い復興を祈念するばかりである。

 さて、今回の巨大地震により、福島の原子力発電所を始めとして、東京電力の発電施設が大きな被害を受けたことによって、戦後初の輪番停電(計画停電)が行なわれることとなった。

 しかしながら、発表から実施までの時間の短さ、また停電計画の不正確さにより、多大な混乱を招いたことは非難されても仕方ない。

 当初、テレビなどで発表されたグループ分けはあまりにも大雑把なものであり、「詳細は東電のウェブサイトを」というような状況であった。皆が皆、インターネットを操れる訳ではない。しかも、肝心の東電ウェブサイトはアクセス過多によって非常に繋がりづらくなってしまった。

 やっとのことで得た停電情報も、直前になっての停電回避によって無駄なものになってしまった。企業はもちろん、市民の生活にも大きな混乱をもたらした。商店や飲食店は、あらかじめ発表された停電時間帯に合わせて店舗を閉めたところも多く、急な停電回避には対応が難しかった。

 また、鉄道各社への影響はすさまじかった。自前の電源でどこまで賄えるかを検討し、初電の寸前まで判断が遅れたJRは、首都圏の多数の路線で運行を見合わせた。また私鉄各社も、前夜に運休を決めていたにも関わらず停電が回避されたことによって急きょ運行を再開し、JR線から流れた客などで大混雑した。

 鉄道だけを停電の対象外とするのは技術上難しいとは言うものの、このような状態が4月末まで続けば、国民生活への影響は計り知れない。東電は、国と一体となり対策を練るべきだ。

 一度停電計画を大々的に発表した以上、仮に電力の需給バランスが保たれているとしても、輪番停電は実施すべきだったのではないか。むしろ、需給に余裕があるうちに、実験的な側面も兼ねて実施すべきであった。直前になって中止するというのは、無用な混乱を招く以外の何物でもない。

 東京電力は14日、東日本大震災による電力の需給逼迫(ひっぱく)を受け、15日も計画停電を実施すると発表した。第3グループから午前6時20分に開始、午後10時に終了する予定で、各グループとも最大3時間程度を予定している。
 計画停電は14日と同様、管内を地域ごとに5グループに分ける。電力の需給状況によっては実施しない場合もあるという。16日以降も行う予定。 

 東京電力は14日、東日本大震災による電力の需給逼迫(ひっぱく)を受け、15日も計画停電を実施すると発表した。第3グループから午前6時20分に開始、午後10時に終了する予定で、各グループとも最大3時間程度を予定している。
 計画停電は14日と同様、管内を地域ごとに5グループに分ける。電力の需給状況によっては実施しない場合もあるという。16日以降も行う予定。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000171-jij-bus_all

« 前原外相辞任 | トップページ | 塔の上のラプンツェル »

主張」カテゴリの記事

コメント

節電も協力したい気持ちです。
でもPCもつなぎたいし、TVもみたい。

輪番停電を実施してくれれば自動的に協力できます。
私も実施賛成です。

ただ、停電が命取りになる方々が世の中にいらっしゃることも事実です。

輪番停電を実施しつつ、そう言う方へのケアもする。
出来れば理想ですが、この混乱している状態ではそれもむつかしいのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455654/39229177

この記事へのトラックバック一覧です: 東電は発表した計画に対して責任を持つべきだ:

« 前原外相辞任 | トップページ | 塔の上のラプンツェル »